★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2016年06月13日

これで最後だ!NOSADAファイナル?!

DSC_5250.jpgDSC_5247.jpg
 
『NOSADA』終演の翌日から安寧な日常を取り戻すべく、襲いくる疲労と睡魔に果敢に挑み、一週間という長い時間を戦い抜いたメンバー達が再び三条大橋のたもと池田屋に集結した!
この日は『NOSADA』の総括と打ち上げなのである。
季節はもう初夏。
昼過ぎから梅雨の雨が降り出し、蒸し暑い。公演中も雨が降っていたが、あのときはまだ涼しさの方が勝っていたように思う。
KYT48が劇中で歌っていた「時は過ぎ行く容赦なくー季節は変わる立ち止まらずに―」の歌詞通り季節は駆け足で過ぎて行き、冬の寒空の下、清明神社に公演の無事を祈願すべく集まった日から約半年・・・
その間に季節は移ろい、今年が既に半分過ぎたという事実にただただ驚愕するばかりである。


その間に食べ物の賞味期限も当然短くなるということに気づかず、期限などとっくに切れた油ものを(変な味しないし)もったいないからという理由でもしゃもしゃ食べ、危うく食中毒になりかけた、ども、樹生です。
大丈夫、生きてます。
いや〜、しかしあのときはほんまにもうあかん・・・と思いましたねぇ。
前日の昼にね、件の物を食べたんですよ。だけど食べた直後から翌朝までは何ともなかったんです、ええまったく。
ところが・・・・・朝食を・・・朝食を食べた直後から・・・・はぅううう( ´;゜;∀;゜;)
え?そんな話はどうでも良いと?ああ、さいですか(
´-`)
まぁしかし本当の話、この時期の食べ物には充分注意しましょう。食べ残しそうな物は買わない!鉄則です。

で、総括。公演に関わる事務的な内容を制作側から発表してもらういわゆる報告会で、公演終了後めちゃくちゃ長く感じられた一週間ぶりにキャスト達と顔を合わせる楽しみな場でもあります。
一週間ずっと死人と化してようやく復活した人、髪の毛を切ってリフレッシュした人、相変わらず半眼(笑)な人・・・皆〜(;ω;)・・・なんやふつうやな。
何といってもまだ一週間しか経ってないから何なら今から稽古始めるで。みたいな雰囲気はあって当たり前か。
お客様に書いていただいたアンケートを読み、各々公演を省みたり、思い出に花を咲かせたり、次に向けて妄想を膨らませ
たり・・・そうこうしているうちに総括終了。場所を移して打ち上げだっ!!

会場は当然今作品の舞台であり、何かとご協力いただいた「華の舞
『池田屋』」さん!
先陣切って勢いよく扉を開け「新選組の御用改めである!」と叫びたいところではありますが、いかんせん自動ドアなので「がー」・・・と。
そして入った瞬間に鳴り響く「御用改めである!」・・・負けた(泣)。
総括に参加していなかったスタッフさん達も合流し、一同乾杯っ!お疲れさまでしたっ!!

数年前にも打ち上げで訪れたときと料理もお酒のメニューも変わり、「薄○鬼」なる作品とコラボした注文するときにちょっと照れてしまう名前のカクテルを楽しみ、三馬鹿トリオ(藤堂、永倉、原田)なるふりふりポテトの粉に一同むせかえりながらも賑やかで楽しいひとときを過ごしました。
ここにエルプロの福さんや今回携わってくれたスタッフさん全員いて
欲しかったと思わずにはいられない。本当にお世話になりました。

今回の作品はお客様の評判も上々で「今まで観た新選組作品の中で一番良かった」「新選組はよく知らないけどそれでもついていったら面白かった」「いや、ほんまに素直に面白かったで」というお声をいただき、演者スタッフ一同感無量の思いです。
流した汗と涙の分だけすごくすごく想いの詰まった作品になったと思います。反省はあれど悔いはない!
最後にありったけの想いを込めて!!ありがとうございましたっ!!!

 『NOSADA』これにて終幕〜!!!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 NOSADA〜ようこそ池田屋へ〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175683918
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック