★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2017年11月07日

イチタスイチの旗

image1.JPG
今回、演出中野氏が一番こだわったのが「旗」

正面からの写真だと分かりにくいのですが、
斜めから見るとちゃんと風をはらんで
弧を描いているのです!

初演ではただ布を吊っただけでしたが、
今回はこの弧を描くために一工夫。

横棒には我が家のオフシーズンで使ってないゴーヤの支柱が使われ、
縦棒には、程よくしなってくれる
「配線カバー」をホームセンターで購入。
あとはテグス糸で引っ張って仕上げました。

お客様にテグス糸が丸見えにならないように
糸はマジックで黒く塗りつぶす手の込みよう。

さくらの舞台は
こんなこだわりがいっぱいの舞台なのです。



大浦 薫(ヴィッちゃん)
posted by さくらさくらカンパニー  at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017 イチタスイチのまほう2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181503000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック