★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2018年01月29日

マグロと南部青年団

ラスト近くに全員で踊るコンテンポラリーダンス風?な振付がつきました。
1本の線を繋いで途切れず身体を動かす…ってすごい難しい。

でも、お芝居と同じだなぁっておもう。
自分のセリフの所だけ演技して、そうじゃないところは立ってるだけって、絶対おかしいしね。
決まった振りと振りの間をどんなバランスでつなぐか?みたいなことと同じ気がする。

昨年もコンテダンスやったけど、いつもヴィッちゃんがこのダンス達に変なニックネームをつける。
昨年は、始まりが舞台ソデから転がって出てくるから「ダンゴムシダンス」
今回は、後半の振りで全員がバッて倒れて転がる振りがあるから、今のところそれが上手くいかずマグロの解体ショーみたいになってるから「マグロダンス」
…おもしろすぎ。
しかし、解体ショーになりたくないからがんばろ(;・∀・)


そしてアメリカ南北戦争のシーンでは、南部の青年たちの会話が発展途上中なので、皆でおのおのの役柄を考えながら試行錯誤している。
だからこの人たちのグループ名は「南部青年団」
自分たちそれぞれに個性があるように、お芝居の登場人物にもいろんな個性があって当たり前だし、その方が断然おもしろい。
だからいっぱい感じて、考えて、楽しまないとね。

…あ、「楽しんで」っていうのは東京公演でお世話になってるエルプロさんのエルちゃんさんにいつも私が言われる言葉(;・∀・)
とても大好きな言葉。がんばって努力して、そして楽しむ、まだまだ私の課題だけど。

「新しい刺激」って言うとカッコイイけど、結局は(今は)出来ないことを与えられるって試練だよね。
でもそこ乗り越えてはじめてスキルアップだし、自信につながるから乗り越えるしかないよ。
舞台に立つって、時間を重ねて心をこめた作品をお客様に観て頂くこと。
「私たち本気でこれを伝えたいんです」
そういう覚悟がいるなって、今回なんかしみじみ感じます。


…いや、今回はなんか私らしくないマジメな内容やなぁ・ヾ( ๑´д`๑)ツ
まだまだこれから、振付も曲も増える。
でももう2月だ。
ちゃんと前を見据えようと思う今日この頃。

image2.jpeg

posted by さくらさくらカンパニー  at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018 ISHIN!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182267802
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック