2020年03月07日

シュプレ…

カッパかずきです。
世間は新型コロナに蹂躙されていますが、私たちはSAKURA稽古に全力投球中です。

今日は前半のクライマックスとして、「さくら名物、通称シュプレヒコール」と称される、登場人物全員が自分の想いの断片を次々に口にしてくいシーンの稽古でした。

皆が自分の気持ちをバラバラに口にするため、誰かが抜けると「!!#※×〇△…」となります。
その上、このシーンは全員が一斉に動く為に、あちこちで交通渋滞が起こりそうになり、これまた大変です。

誰かと誰かが向かい合った場合は、その人の周りをまわってアイコンタクト…という指令がでております。

私、その指令に従いセリフを言いながら動いておりましたら、前方よりヴィッちゃん(大浦)土方さんがやって来ました。
ここはアイコンタクトの上、土方さんの周りを歩こうとしたら…
ヴィッちゃんはどんなに視線を送っても知らん顔でスルーして、舞台下手へと離れて行きました(><)

私は思わず役柄を忘れ…地団駄踏んでしまいました。
ひどいじゃないですか、土方さん!

気づいたらもう3月…あっという間に稽古が始まって1ヶ月以上経っているわけです。

お芝居の稽古は自分自身との闘いやなと、よく思います。
こんなもんでええか、って思ったらお客様には絶対に伝わらない。
そう思ってるつもりじゃなくても、ちょっとした甘えや逃げで、気づかずそういう事をやってしまう。

いかに真摯に初心にかえりながら、自分と向き合って行けるか…
いつもいつも自分と闘っていくのは、新選組の隊士と同じなんだなぁ、とか思って稽古をしています。

新選組作品と向き合って、お芝居に向き合い続ける自分自身といつも追っかけっ子して、未だに追いつけないけれど…彼らの背中くらいは見つめられる所を走り続けたいです。

明日も稽古だ!
がんばるぞー!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2020 SAKURA〜新選組櫻真説〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187243880
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック