2009年06月27日

ダンスで汗だく

今日の稽古は待ちに待った「尾田悦子 Tap&Dance company」の
皆様との合同稽古であります。

まずはみんな揃って尾田悦子先生のスタジオのエクササイズを
一緒にやることになり、久しぶりにほんとに久しぶりに本格的な
エクササイズをやりました。顔から汗が流れるほど踊ったのなんて
一体何年ぶりだろう。
ジャズの教室をやめて以来、放浪の末、結局仕事が遅くて
どこの教室にも通えなくなって久しい私・・・。

あぁ、また以前のように踊れるようになれたらいいな・・と
思います。けして上手だったわけではないけれど、先日昔の
公演DVDを見て「あぁ、この頃が一番ダンサーとしては
脂が乗ってたわ」なんてしみじみ・・・

ジタバタしながら何とか付いていったエクササイズでしたが、
本当の試練はそこからでした。

「Darkness」

王室の中に味方がおらず次第に孤独と絶望に満ちていく
ダイアナの心理を表現した1幕クライマックス場面。

「じゃあ、振りなんですけど・・・・」で始まりまして、
ダンサーの皆様と一緒に同じ振りを踊る事に。
覚悟していなかったわけではありませんが、さすがにこれだけ
踊れる人々の中で、しかも全員すでに踊りこんでいる中で
1人振付していただき、オドオドワタワタと踊るダイアナ・・・

マジで孤独と絶望(T_T)

「自分じゃなくて良かった」とホッと胸を撫で下ろす
かずきさん(葵)とえーさくさん(桜華)(-_-メ)
必死の私を察して携帯で動画を取ってくれるなちさん(梦月)m(__)m

頑張りますっ!!なんとかついていきます!
マジで足を引っ張りたくないです←切実
応援よろしくお願いします。
posted by さくらさくらカンパニー  at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 大浦薫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30163708
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック