2009年07月24日

1ヶ月前

ついに本番1ヶ月前になりました。関係者は各ポジションで闘いのピークを迎えています。いつもこのくらいの時期が一番しんどいですね(+_+)皆がそれぞれのポジションで全力を出してギリギリの所で頑張ってる。「がんば、皆!そして私!」と思います。「こんなもんでいいか。誰かがやってくれるから放っておこう」なんてずるい考えの人が本当にただの一人もいない、さくらはすごい集団だと思います。そんな中で私だけが「もーいや、しんどい、いろいろ無理」って言って弱音を吐いてる。「好き」だからやってるならそれでいいかもしれない。でも集団で一つの作品を創り、多くの人に見てもらいたい、伝えたいと思う強い気持ちが、どれだけあるかがとても大切だと思います。精神力や他人に差し延べる気持ちの優しさ、弱音を吐かずやりとげる強い責任感みたいなモノをいわゆる「プロ意識」というのか何と呼べばいいのかわかりませんが、「チームワーク」と共にとても大切だと思うのです。昨日、皆既日食がありました。次に見れるのは26年後だそうです。そ
の頃、私は何をしているでしょう?悔いなく人生を送れているでしょうか?今回の「プリンセス・ダイアナ」のテーマでもある「何を失くしてはいけないのか?」をよく考え、しんどい時期だからこそ精一杯がんばらねばならない!と思う今日この頃です。 かずき
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30774369
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック