2010年01月24日

やっぱり拭いていいですか?

「ダイアナ」稽古が進んでいます。

今日固めた病院のシーンは、この作品の中で最も演出中野氏の思いがこもった場面です。初演時から、役者が毎回ボロ無きして、涙と鼻でぐちゃぐちゃになる場面です。

ところがどっこい、この場面はそのままなんとラストまでノーカットで進むため、流れた涙も垂れた鼻水も拭う機会がございません。


機会は一度だけ、病で死にゆく親友に泣き伏すところのみ。
親友の体にふして泣き叫びつつ・・・目の前にある親友の衣装の布に染み込ませる・・・フフフ・・・

ま、そんなところも見所ということで・・・。
マイクに鼻を盛大にすすっている音が入っても、どーかどーか許してください。

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

人々の”心の王妃”になりたい。
今も多くの人の心に生きるイギリス元皇太子妃ダイアナ。
彼女が生涯追い求めたものは・・・。

2010年2月20日(土) 14:00開演
第11回公演(第31回Kyoto演劇フェスティバル参加作品)
ミュージカル「プリンセス・ダイアナ〜The Eternal Rose〜」
京都府立文化芸術会館にて再び!!

公演詳細ページはこちら

    
詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 


 


posted by さくらさくらカンパニー  at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 大浦薫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34932108
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック