2010年12月14日

どんな恨みが…

CA3C00570001.jpgCA3C00590001.jpg自分(樹生)の地元近くに新選組縁の建物があることを思い出しまして、
行ってきました姫路の亀山御坊本徳寺きらきら
新選組が屯所として使用した西本願寺の建物がそのまま移築されています。(現本徳寺本堂)

お目当ては屯所時代、隊士が付けた刀傷が鮮明に残されている柱。
見た時、ちょっとゾッとしましたあせあせ(飛び散る汗)めった斬りですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
太い柱だから多少斬っても大丈夫だろうと思ったのか、
誰かへの恨みを晴らすかのように深く、ザックリと…
(鬱憤たまってたのかねぇ雫(涙・汗)

山南さんはそれをどんな思いで見ていたのかなぁ…

内陣に座り、近藤はじめ、新選組隊士達が見たであろう光景を見ると胸の辺りがザワザワとしてきます。

あいにくの雨でしたが、行って良かったきらきら
またそのうち坐禅でも組みに訪ねよう。
posted by さくらさくらカンパニー  at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 さくらのごとく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42087859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック