2011年02月06日

通し3回

本番2週間前だ。

そろそろ、細かい直しよりも流れを作っていこうと通し稽古中心になってきた。

しかーし!!!!通しを何度も繰り返す本当の理由は・・・




「上演時間が定まらないから」




であります。ぶっちゃけ。
何しろフェスティバルの参加作品ですから、私たちの持ち時間は厳密に決まっているのであります。4月の誠バージョンは中野氏の完全版ノーカットをお届けするので、上演時間は2時間近く。これをフェスの時間におさめるには、それなりの調整が必要なわけです。

ストーリーの良さを失ってしまっては意味がない。
京都公演をご覧の方にも十分感動していただける作品をキープしたい。

ならばスピードアップだ!!!

そこで、立ち回りの段取りをつめてみたり、転換を急いでみたり、若干早口になってみたり・・・^^;

そして、ようやく本日、規定時間内におさめることに成功したのであります。
拍手〜〜〜♪

(フェスの人たちがこれを読んだら、今頃やっと?と驚愕されるだろう)

これから2週間。このテンポをキープしたままで、丁寧に大切に演じてゆくだけ。

どうぞ、お楽しみに。


副長心の俳句 「ダメ絶対 ラスト待たずに 幕降りる」
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011 さくらのごとく
この記事へのコメント
すまんあせあせ(飛び散る汗)
そうなったらきっと私は袖中で大爆笑しているだろうあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
Posted by ばし at 2011年02月07日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43287200
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック