2011年02月13日

スタッフも真剣勝負!

ヴィッちゃん(大浦)です。

今日は衣装のお二人、ママとはっちゃんが稽古場にやってきました♪

よその劇団とかでも、衣装部さんがいるとこってそうそう無いと思う。
本当に人に恵まれたカンパニーなのであります。

衣装部さん。
彼女たちは、早替わりのお手伝いや、出番を控えて袖にスタンバイしている役者たちの衣装を上から下まで細かくチェックして、着崩れを直してくれるのです。

これは自分たちが美しく出たいからではなく、
お客様が着崩れとかを気にして芝居に集中できなくなったりしないための
心配りというか礼儀なのです。
自分たちの芝居から伝えたいものを感じて帰っていただきたい。

そしてもう一人、稽古場でガッツリと私たちの芝居に食いついているスタッフさんが
音響・NAOKOさん(野乃)。芝居の流れ・役者の感情のゆらめきを全てつぶさに感じて音の世界を作り上げる・・・・技術的なことだけでなく、芸術的センスを要求されるポジション。

芝居にあわせて、時に優しく特に激しく芝居に寄り添う音の世界も
たっぷり感じていただきたいと思います。

スタッフもキャストも真剣勝負の「さくらのごとく〜新選組桜真説〜」
まもなく本番です!!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 さくらのごとく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43411639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック