★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2011年03月24日

眼鏡真ん中いいんですか?

京都公演と大阪公演はところ変われば舞台も違う。

会場である扇形の舞台に合わせて、隊士の行進の配置が変更になりました。

隊旗を掲げる原田が台にあがって、代わりに、じゃあずれて並ぼう!と並べてみたところ、順番的に野村君が中央に。

とっさに野村君が言った。

「真ん中、眼鏡いいんですか?」


あ…。


眼鏡キャラの野村君…。

すぐさま中野さんが別の隊士を真ん中に。

眼鏡真ん中、無いと思います!

☆大浦薫(ヴィッちゃん)
posted by さくらさくらカンパニー  at 19:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 2011 さくらのごとく
この記事へのコメント
眼鏡真ん中は…ないな。
すまん、野村君。

代わりに真ん中に来た藤堂君、
君の身長のせいで、一点投影法的に
センターの視点が下がった。
…これはいいのか?
演出家、悩む。
Posted by 演出・中野 at 2011年03月25日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43980042
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック