2011年07月30日

【稽古録】7/30 子ライオン 【稽古録】子ライオン

「望郷ラプソディ」のお稽古中です。
振り付け終了の目標が7月中でしたので、最後のダンスがつきました。


曲はベートーベン、序曲「コリオラン」。
「運命」の4ノックを彷彿とさせるような衝撃的な出だしから、めまぐるしく変化していく重厚な曲です。


ダンスのテーマは「戦争」。
モダンダンスで表現される振り付けです。


モダンでは身体中の普段使わないような筋肉を伸ばしまくりで、すでに振り付け中から「首が痛い」「手羽(←肩甲骨)が痛い」「エンガワ(←両脇)が痛い」と、てこずっています。
(ちなみに日記を書いている月曜日現在、身体の外側がほぼ全域にわたって筋肉痛です…とほ)


ただ、非常に語る振り付けなので、行き着くところは「最終完成したらいいカンジの振り付けですね!」という具合(笑)

えー…完成するようにがんばります。
まずはフリの忘却線との戦いから…。←ええええ。


ちなみに、この曲「コラリオン」。
あまり口慣れない単語なのでお稽古場では


コリオラン
 ↓
コラリオン ←ここですでに間違ってる
 ↓
コライオン(子ライオン)


と呼ばれています。
中野演出ですら


「このコライオンの表現は…ちがう、コラリオン…ちが〜う!コリオラン!!!」


と翻弄されている始末ですので、最後まで「子ライオン」で突き通そうと思います(にやり)←言い出しっぺ

posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 望郷ラプソディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47062021
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック