2011年08月01日

【せまい】紫禁城、1畳分。

なち@浩さんです。

今回のステージは、施設のエントランスロビーでの特設舞台となります。
いわゆるいつもの「舞台」とは寸法も違うし、もちろん普通の施設内なので、演じる方としてはちょっ

と手狭…(ショウをやるので)
特設舞台は40cmほど上げた舞台。そこは普通に演じるには問題ない広さなのですが。
問題は、下。

舞台は高さを上げた「舞台上」と、その前にエプロン状に広げた「舞台下」。
お客様の間を通る通路。生演奏の入る演出なので、グランドピアノ。(ステキ!)

そしてもうひとつ、「エリア」があります。
通称:紫禁城。

ばしさん(樹生せつな)演じるラストエンペラー愛新覚羅溥儀の定位置のため、紫禁城と呼ばれていま
す(笑)

紫禁城には椅子が1脚。
見やすいために1間(180cm*90cm)の平台で高さを上げています。

「…せまい紫禁城やなー」
「陛下、最後の皇帝やからな」

色々と言われながらも設置されたこの紫禁城ですが、「舞台上」から「舞台下」に移動するときに、実
のところ、ほんっとに邪魔なんです(笑)
走るたびに蹴られる椅子!

「ああああ〜!もう!紫禁城、邪魔だよ!」
「ひどいよ、ひどいよ(;´Д`)!」

ラストエンペラーは、稽古場でも孤独に打ちひしがれています(笑)
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 望郷ラプソディ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47122760
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック