2012年02月01日

漫画5冊

DCIM0226.jpg
とどいたー。

「ルードヴィヒ2世」(氷栗優)はBLながら、なかなか繊細な話でした。

ここで描かれてるエリザベートは、結構共感できる。
強気でシニカルでルードヴィヒの良き理解者(笑)


文庫「エリザベート」(森川久美)は宝塚のミュージカル版をコミックにしたそうで、トート(死の帝王)がチラチラしてます。
(ルードヴィヒの本でも、トートっぽいのがいるけど)

こちらで描かれてるエリザベートは、「皇妃」としての責務を手段に孤独と戦おうとし、より孤独になっていくような感じ…
彼女の立場では政治に対してこう考えたかも…とリアルな感じがしました。

トート(死)に対して、生きたい!という感情ぶつけまくりで生命力に溢れてる。

自由を求めたエリザベートが強調されがちだけど、彼女も一国の皇妃としてしっかり考えて生きていたんだな…。

当たり前だけど、どうもミュージカルの印象が強くて(^_^;)うん、ちょっと地に足ついた感じ。

しかしもう1冊の「エリザベート」(水野英子)はなんと、孫(息子フランツの息女)のエリザベートだった(笑)
ハプスブルグ最後の皇女…こちらも興味は尽きないなぁ。


ハプスブルグ家に伝わる、誰かが死ぬときに現れる死の天使(あるいは守護神)を「白い貴婦人」(ヴァイス)と言うのだそうですよ…(今回の作品にも「ヴァイス」が出てくる!)

だからウィーン版のトートは白い衣装だったのかなぁ…(宝塚&東宝版は黒)


漫画はざっと俯瞰できる&心理的で面白いです。なかなか参考になりました♪
posted by さくらさくらカンパニー  at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53402587
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック