★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2012年03月24日

人と芝居をする

ヴィッちゃん(大浦)です。

朝はダンスを集中稽古。
苦手なバレエですが、細かいところを色々と修正したりタイミングを合わせたりしました。
経験ないから無様でも良いなんて通らないのがさくらさくらカンパニーです。
何でもできるパフォーマンス集団と銘打つ限りは、タップだろうがバレエだろうが日舞だろうが要求されればある程度人に見せられるレベルのものを、必死顔じゃなく「さぁどうぞ」的な余裕でこなしたいと思います(^_^)

そして本番まで1ヶ月を切った事ですし芝居のツメもしなくてはなりません。

そんな終盤のクライマックスの稽古で今日は「人と芝居をする」というのをすごく考えさせることがありました。

相手がいる芝居で相手が語る台詞を自分はどう受け、どう答えるのか。
自分の台詞の中だけで芝居をするのではなく、人の気持ちを受けて芝居をするということ。
相手が語りかけてくれる台詞に込められた感情をしっかり受けとめて、それを自分の中でちゃんと消化して自分の台詞を言えているか。しかも単純に言葉通りに受け答えするのではなく、その人物ならどう受け答えするかを盛り込まなければそれはただの人。その中に哀れみとか誇りとか怒りとか悲しみとかその人物の持つ様々な感情を全て盛り込む。

役者なんだから「そんなの当たり前やん」と言われそうですが、その当たり前の大切さを、時にはしっかり自分に言い聞かせなくては。


そんなわけで、私は今回シュバルツという役どころです。あ、ちなみに劇中で誰もその名前を呼ぶわけではないので、あくまでイメージネーム(?)です。そのシュバルツは場面によって色々なものに変化します。ルードヴィッヒとエリザベートが見る夢であったり、美になったり、憧れになったり、苦しみになったり、時には家族や家臣にもなります。

そのどれもが、2人の人物の心につながっていないといけません。
今まで以上に心に寄り添った芝居がしたい。そう思っています。
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 夢の狭間・・・夢のまた夢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54634082
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック