★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2012年03月25日

ダンスワークショップ

ヴィッちゃん(大浦)です。


ニューヨークで活躍し、数多くのブロードウェイダンサーを輩出してきたスー・サミュエルスのダンスレッスンを受けてきました。

ダンスは国境を越える!と改めて感じましたが、本当に言葉の壁なんてほとんどありません。
ダンス用語のほとんどは共通語だし、先生の日本語もお見事なので(^_^;)

エクササイズとしては、かなり短縮版だったのですが、それでも得るものは沢山ありました。
サミュエル先生のエクササイズは、とにかく体の中心をしっかりとらえるのを一番に置いてると思います。どんなポーズをしていても必ず中心があって、いつもバランスを維持できる。だからこそアンバランスな振りやピルエットをしても崩れないんだなー。

1時間半のレッスンを2レッスン受けてきたのですが、噂どおりフォッシースタイルの「スチーム・ヒート」では、粋でコミカルなダンスを、2レッスン目は日本人が苦手とするリズム感のダンスを踊ってきました。

先生のダンスは力が抜けていて、自然で、まるで息をするかのよう。
日本人の必死で力入ってて振り覚えるのに必死・・・みたいなのではとても踊りこなせない。
なので、今日のレッスンは多少振りが違ってても、雰囲気がつかめればいいやん♪的に踊ってみました。


気が付けばあっという間の3時間。
ずっと踊り続けていたけど不思議とまったく疲れは無い。
日本のテクニックとスピードばっかりのあくせくしたダンスばかりがダンスじゃない。
ブロードウェイのシアターダンスはもっと別のものに重きを置いているんだなと実感。
やっぱり私はこんなダンスが踊りたい!とあたらめて思いました。


さくらさくらカンパニーのワークショップもずいぶん恒例になってきましたが、他では出来ないこんなダンスを踊れる場になるといいですね。
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 夢の狭間・・・夢のまた夢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54634098
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック