★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2012年07月17日

寿命が5年縮まった話

ヴィッちゃん(大浦)です。
今日も朝から稽古です。

午前中には制作のとっくんさん(徳永)と衣装のママが稽古場に来てまして、
とっくんさんからは大阪読本みたいな本を貸してもらいました。

「家には必ずたこ焼き器がある」
「勝ちましたね、といえば阪神の試合結果のことだ」
「道を聞かれれば分からなくても全力で教える」

今となっては分かる分かると思えるけど、確かに大阪人って日本の中でもちょっと宇宙人的な何かがある^^;
知れば知るほど恐ろしい大阪。ちなみに今回のキャスト4人は、
大阪出身1人、京都出身1人、滋賀出身1人、熊本出身1人・・・まさに異文化コミュニケーション!!
バスが来ないときあなたならなんと言う?

大阪・・・(バスが)けーへん
京都・・・きーひん
滋賀・・・こーへん
熊本・・・こん

まるでカ行変格活用。
熊本可愛い♪狐かぁーー\(^o^)/と県民ショー並みに盛り上がる稽古場。
ちなみに私の滋賀弁はかなり大阪ナイズされてるので、「こーへん」は私の造語かも知れない・・・。
「こん」とも言うし。


そんな楽しい稽古場ですが、今日の部分稽古で私、八木ちゃんは台詞を言い間違い、
『勝てよ阪神!』を『勝てよ巨人!』と言ってしまい、言った瞬間に心臓が凍りつき、なちさんととっくんさん(←阪神ファンの大阪人)に「な〜ん〜や〜て〜」とごっつい低い声で呪いのように呟かれた瞬間に、本当に殺されるのではないかと思って寿命を5年ばかし縮めてしまいました。怖い・・・こんな作品早く終わってしまえ〜〜〜(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

posted by さくらさくらカンパニー  at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Message
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57092004
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック