★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2012年08月28日

本番こぼれ話@

「フランス料理の行方は!」

成功率50%と噂されていた鈴木純平の「15の夜」は1勝2敗という悲しい結果となり、全員にフランス料理を奢る決心をしたらしい。オーナー・シャーリー佐藤により予算は1人8000円、強欲なキャバ嬢絵里香の強い希望により「エスカルゴ」が要求されていたが、当日のアンケート回収ノルマを達成したことにより恩赦となる見込み。


「八木ちゃん手抜き疑惑」

1人3役を演じた今回の作品で、全員が早替わりのたびに衣装を着替え、髪型も鬘や被り物で変化をつけた中、ただ1人髪型が変わらなかった八木ちゃん。1人手抜きをしていたのではという疑惑が沸いている。しかし、事実は作ったオールバックも激しい寝癖も、楽屋から出た瞬間に落ちたらしい。怒った衣装部に「キューティクルを破壊するまでリンスはするな」と厳命されたもよう。


「シャーリー即興作詞」

シャーリーハウス・オーナー佐藤氏。観客いじりに夢中になり過ぎてソロの歌詞を忘れ、約4フレーズに渡って即興で歌詞を作って歌った。本人はバレていないと自信を持っているようだが、どう聞いても音量が半分くらいに落ちて自信無げになっている記録が残されており、当局では感ずいている観客もいるのではないかとみている。


「絵里香ハッピーバースデー」

公演楽日に誕生日を迎えた絵里香のため、様々なサプライズが用意されていた。小道具の酒ビンにスタッフ・キャストからのメッセージカードが貼られていたり、劇中観客も加わって祝福の声が贈られた。今年300歳になった絵里香は今後パラレルワールドから15人の自分を呼び寄せて接客をさせ、ナンバーワンキャバ嬢になると抱負をにじませている。
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Message
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57821696
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック