2013年10月16日

不器用じゃけぇ。

徳永です、こんにちは。
本番まで日がもういくらもないことはみなさま、ご存知の通りかと思いますので
いまさらなにも言いません。
ていうか、なにも言えません(--;
この時期になって私がもっとも焦って暗い気持ちになるのが、役作りよりも、
「衣装の加工」「衣装の手直し」というやつです。

もともと私は何においても不器用なので、役作りにしたって歌にしたって、他人
よりも3倍練習してやっと追いつくもんだと自認しております。
なので当然、縫い物、針仕事などというものにおいても、冗談ではなく本当に他
人よりも10倍ぐらいの時間をかけないと仕上がりません。
信じてもらえないかもしれませんが本当に、みんなが30分ぐらいでちゃちゃっと
仕上げてしまうものに半日かかります(/Д`)・゜・
ここまで不器用な子に育てた母を恨んでます。

最近、縫い物をしたものとしては和装で出るシーンで履く草履の加工。
ちょっと布を縫い付けるだけでしたが、ゆうに3時間を越えました。

そして、青いドレスを着て歌い踊るシーンで履くハイヒールの加工。
これも4時間近くかかったでしょうか。しかもまだ未完成。
実際、舞台上でハイヒールを履くのは5分程度なのに(-_-;)…。

さらに、黒いドレスにちょっと布をつけるだけという作業も数時間かかりました。
あまりにも作業に時間がかかって情けないので、縫うときは後半、泣きながらや
ってます。+゜(゜´Д`゜)゜+。

当然、縫い物をしてるときは台本を開くこともできません。

私はふだん、台本、筆記用具、録音機器、資料などなど全てを並べて役作り作業
をしてるので、台本を開けない状態だとセリフの確認も何もできないんですよね。

は? 縫い物しながらセリフの反芻、確認?

あー、絶対無理です。

針を指にぶっすり刺すこと間違いなしです、自分が何をしてるのかわからなくな
ります、複数のことを同時にできるぐらい器用なら、こんなに泣いたりしません。

でもまだ縫い物が残ってます。直線で縫うだけなんですけど。
もういやだ。裁縫ってなんでこんなしんどいんだ。

…はいはい、縫いますよぅ…(T_T)…。
posted by さくらさくらカンパニー  at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 STORY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78375080
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック