2014年02月18日

方言の罠・実用編

ヴィッちゃん(大浦)です。

私、セリフは立ち稽古を繰り返してるうちに自然と覚える派なんですが、なんとなく今回は真面目に覚えなあかんような気がして、珍しく台本を開いています。

しかし、私の覚え方はあくまで意味重視。こう言われたからこんな事を答えるみたいな流れで覚えていくので、なちさんと同じで多分数字は覚えられない。そして、稽古中よく微妙に台本と違うところがいっぱいある!とよく演出に怒られるのであります。丸覚えじゃないから細かい言い回しなんか覚えてないも〜ん。と、ここ開き直る^^;

で、今回の脚本を覚え始めたわけですが、ここで私に立ち塞がったのが、またもや方言だ!標準語なら正しく選択できる語尾が、方言になるとチョイス出来ない罠。

役名バレになりそうですが、「じゃ」と「ぜよ」と「ちや」の使い分けとか。「きに」はどんな時に使うのかとか。調べながらやってると全然進まんわ!
というわけで、おそらく今回はいつにもまして台本と違うこと言ってると怒られること間違いなし!意味が合ってたら許してくれんかのー?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★★

さくらさくらカンパニーの次なる舞台は!
東京・大阪2都市公演
flyer-l.jpg
笑運☆幕末グラフィティ「新鮮組!」

5月10日(土) 13:00/17:30
 東京都日野市・煉瓦ホール
  新選組まつりに湧く日野にて
    エルプロダクツ公演「新選組外伝「隼風の迪」-はやかぜのみち-
  との豪華2本立て!

5月31日(土) 15:00/19:00
6月1日(日) 12:00/16:00
    大阪市・市立芸術創造館
  東京よりさらにパワーアップした完全版はここだけ!

詳しくはさくらさくらカンパニーHPにて
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 2014 新鮮組!
この記事へのコメント
そんなヴィッさんに朗報(か?)です。
西天満に「わら焼き部」という土佐名物を出す店があるそうな。
店のバイブルは「おーい龍馬」だというくらい土佐愛が満載されている店だそうなので、本場の土佐弁が聞けるかも!(従業員が高知出身かはわかりませんが・・・)
Posted by ばし at 2014年02月19日 16:25
ほー、そんな店があるのか。
しかし、お酒も飲めん、鰹のたたきも食えん私が何をしに行けば良いのやら…^^;
Posted by ヴィッちゃん at 2014年02月20日 00:02
ヴィッちゃん、一緒にいこーか〜!
酒とタタキ担当するわ(笑)
Posted by なち at 2014年02月20日 09:12
お疲れ様です。
ヴィッちゃんさん、ウチで以前土佐藩チームが「土佐弁かるた」というものを参考にしました。
読み上げCD付きで、物凄く普通のおじさんぽい人がネイティブを喋ってますよ。
Posted by 時田 at 2014年02月21日 00:10
なちさん>
で、私は何を食べれば・・・(^_^;)

時田さん>
「犬も歩けば棒にあたるぜよ!」とか?
普通に面白そうです!!
ちなみに最近は土佐弁変換アプリというのもあるらしいですね。試してませんが・・・。
ちなみに、さくらでは以前「ベルばらかるた」が流行ってました。
Posted by ヴィッちゃん at 2014年02月21日 17:43
「坂本は土佐にはあだたん男じゃき」「うげられて、こじゃんと飲んだ土佐の酒」カルタ形式になってるだけで、ことわざではありません(^_^)
おおお〜ベルばらカルタ〜♪面白そう♪
Posted by 時田 at 2014年02月22日 02:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87609802
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック