★「NOSADA」DVD・Blue-ray発売中!

2013年03月24日

絶句・・・

初演の「北天幻桜」の本番ビデオが見つかったので、
稽古場でみんなで観た。

アボルタージュの場面はこのビデオから動きを掘り起こしだ!!!

と観始めたはいいが・・・
あまりの殺陣の手の多さと、ダンスに、全員でドびっくり!

こんなことしてたんかーーーーー。

あの時の自分より、今の自分は成長しているだろうか。
経験値がそのまま成長につながるとは限らない。
でも、前より良いものを作らなくては意味がない。

いつも客観的に、そして厳しく見れる自分でいたいと思います。
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月23日

池田屋!

写真は「池田屋」の場面。

「新選組の御用改めである。手向かうものは切り捨てる!」

BGBb9G3CYAAGwQQ.jpg
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月21日

【稽古】エンディング

20130320_194726.jpg20130320_194734.jpgみんな真剣。だってもう2ヶ月切ってるんだよ…。

さて。
ちょい遅刻で稽古場に行ったら、市村君が走りまくってました。
演技とはいえ呼吸が荒くて、外から聞かれたら何事かと思われるでしょうw

ところでどーでもいいのですが
内臓吐きそうなくらい走ったことってありますか。

私はあります。しかも2度。

走るのが何よりも苦手な私ですが、ああいう時は火事場のなんちゃらとでもいうのでしょうか。
脚が軽くて、わぁ僕飛んでるよドラえもん!みたいな感じになりますね。
ただ、その反動ときたらものすごいことになりますが…。
普段の限界を突破してるから、現実に戻った時の疲労感がハンパないですね。

ちなみに、連日の雨でニュースレベルに氾濫している河に落ちそうになったため
崖の斜面をヨコに走る、というマンガみたいなことをしました。
我ながら、眠れる獅子が起きまくりな一瞬でした。

もう一度は、もののけ姫に出てくるみたいなでかいエルク(ヘラジカ)に追いかけられた時です。
 死 ぬ か と 思 っ た 。

経験の何が演技の引き出しになるかわかんないなーって話です(そうかな)


あ、そうそう。エンディングの話でした。

「北天幻桜」のエンディング部分を立ちました。
このエンディングというのがまた、私好み(?)というか
常日頃思っていることなので、演技以上のものを感じます。

なので、私の課題はそれを如何に皆様にお伝えできるか、ということ。

独りよがりにならず、けれど私の中だけにおさまらない気持ちの質量を
キチンとお客様ひとりひとりにお届けできる丁寧さで演じたい、大切なシーンです。

初演時にもたいがい荒ぶる私でしたが(笑)
今度はその気持ちを盛り上げるアイテムが増えるようなので
さらに繊細に大胆に、皆様にこの気持ちをぶつけたいと思います。節分並みに。
posted by さくらさくらカンパニー  at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月20日

殺陣歴・・・8年

大浦です。

今日の稽古では久しぶりに木刀を持って、殺陣の基礎をやりました。

初めて木刀を手にしたのは2005年。
「さくらのごとく」に初めて出演させていただいたとき。

当時、私はまだミュージカル劇団の主宰をつとめ、
さくらには初めての参加ですごい緊張して稽古場に行ったのを
覚えてます。

すでに他のメンバーは「さくらのごとく」を数回上演していて
役作りも完璧。しかもみんなすごく上手くて、
私はと言えば・・・

新選組って何?どころか、袴履いたこともない、武士の所作なんて分からない、
木刀なんて持ったことない・・・・・・「ないない尽くし」でした。

でも一応劇団の代表までやってる身。
芝居のキャリアだって半端じゃない。
「この程度?」って言われたくない一心で袴の紐の結び方とか木刀の持ち方とか
ネットで調べまくって稽古に出向いたものです。

なけなしのプライド(^_^;)・・・・初々しいしいじゃないか、私!

あれから8年。
もう木刀を重いと思わなくなった。歯ブラシも持てないほど筋肉痛になることもない。
少しは力を抜いてできるようになってきたってことかな?

次なる課題はもう目の前にある。
よし、頑張ろう!
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月17日

日野にゆるキャラ登場か!?

4fb55fe3-s.jpgm2008-05-03-1544.jpg

5月の新選組まつり公演の詳細が決まってきました。

我々の本番は土日の3回公演。
そしてまつりの間は、あちこちで行われているイベントにいろいろ顔出して
公演のチラシを撒きながら宣伝活動をしたいなーと思ってます。

なんかほんと・・・
ニューヨーク公演を思い出します。
滞在期間のうちオフは1日だけ。あとはずっと本番が入ってて、
朝から晩までずっと衣装とヅラをつけたまま。
公演の合間のたびに人通りの多い場所に行って、
道行く人に「please come!!」と言いながらチラシを撒いてた。

頑張るじょー!!!

そしてなんと言っても日野は、さくらさくらカンパニーのマスコットキャラ「カッパちゃん」(葵かずき)がカッパキャラと出会った運命の場所。

土方歳三が故郷の日野で「石田散薬」という薬の行商をやっていたのは、ファンの間では有名な話。
ではその石田散薬の由来とは・・・・

(Wikipediaより)

石田散薬(いしださんやく)とは新選組の副長、土方歳三の生家が製造、販売していた骨折や打ち身、捻挫、筋肉痛、また切り傷等に効用があるとされていた。河童明神から製造方法を教わったという伝説がある。 宝永年間(1704年〜1711年)より、1948年昭和23年)の薬事法改正まで約250年間製造・販売されていた家伝薬である。 土方家に残る資料によれば江戸御府内以外の得意先だけで400軒以上あり、関東近県の取次所と呼ばれる雑貨商や薬種商に卸して販売していたようである。

そう。ここで出てくるのです。「カッパみょうじん」。

で、数年前日野を訪れたときに、新選組資料館の壁に描かれたモザイク画が
多摩の川べりで人間に薬を伝えている河童の姿。←若干演出(?)

その姿を壁の前で模してくれたかずきさんの演技が、もう演技とは思えぬリアルさで、一同が感動し・・・以来かずきさんの呼び名が「カッパちゃん」になったわけです。

あれから何年経つのか。
いよいよカッパちゃんが故郷日野で錦を飾る日が来ました!!!

「カッパちゃん、石田散薬を背負って公演の宣伝をする」!!!作戦。

命名 「 ひじカッパ君 」

・・・・怒られますかねぇ?・・・・・

posted by さくらさくらカンパニー  at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月16日

稽古中!

20130316_134434.jpg今日も、前回を思い出しながらの稽古中です!

いいお天気だなー。
posted by さくらさくらカンパニー  at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月15日

日野へ

さて、そもそも5月にさくらさくらカンパニーが日野に行くのはなぜか。


「新選組まつりがあるから」


・・・ま、そうなんですけど・・・・

そもそも日野市といいますのは、東京都のかなり西の端のほうにありまして、
副長土方歳三や隊長井上源三郎の生まれ故郷でもある
新選組ゆかりの地なのであります。
今でもその子孫の方々が、新選組の足跡を伝えるべく資料館を作ったりして
活動されています。

さくらさくらカンパニーではこれまで、新選組に関わる作品を
京都・大阪・そしてニューヨークで上演してまいりましたが
いつか叶うならば、新選組に縁の深い方々に見ていただきたいと
考えていました。
彼らがどんな思いを抱き、何に向かって生き、いかにして散っていったか。
今生きる我々は、彼らに何を学び、これから何を伝えていけばいいのか。

そんなメッセージを沢山込めて

「北天幻桜」をかの地に届けたいと思います。
どうか皆様応援してくださいね。

第16回ひの新選組まつりの詳細はこちらです
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜

2013年03月14日

美味しいお蕎麦屋さん

大浦です。

日野で昔仕事をしたことがあるという方に、

「今度、日野で公演するんですー」とお話したら
「日野はいいところやでー」「美味しい蕎麦屋があるでー」「都心から近い近い」など
心強い情報を教えてもらえました。



「美味しい蕎麦屋」    ←何故かそこに一番触手が動くさくらメンバー


実はこの間の日曜日。
さくらさくらカンパニーがお手伝いスタッフに入らせていただいた「山南忌」
これも日野から来られる来賓の皆様にご挨拶する
という大きな目的があったわけなのですが、
その際、旧前川邸の奥様からも

「美味しいお蕎麦屋さんがあるのよーー」

と教えられ、山南忌にはそのお蕎麦屋さんも参加されていたので
ご挨拶してきました。

そば処「ちばい」

変わった名前だなーと思っていたら、漢字で書くと「血梅」
かの新選組局長・近藤勇がその慎ましく咲く姿に心を打たれたと逸話の残る
その梅の一枝を譲りうけ、植えられたものだそうです。
血のように鮮やかな紅梅なのかしら。

行列当たり前、売り切れ御免の人気店だそうなので、
我々も食べたいけど、食べられるかどうか・・・・(^_^;)

ちなみに山南忌では、ご主人が近く販売予定のとあるものを
商売っ気たっぷりにPRしておられました。

日野の方々ってほんとパワフル。
我々も負けちゃおれん!
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 2013 北天幻桜