2009年04月17日

次はダイアナ物語です

昨日、次回公演の制作ミーティングがありました。まだ「望郷ノスタルヂア〜李香蘭」公演が終わって数日だというのにさくら2Com.は止まりません!次回公演の広報や予定がどんどん決まっていきます。次回は今回のように、小スペースでバーチャルな舞台ではなく、いわゆるミュージカルの王道を行くような舞台になるみたいです。舞台も400名収容できる大ホールの上、次回は「プリンセス・ダイアナ」・・あのダイアナ妃の物語です。お稽古はゴールデンウイーク明けから始まるので、それまでにダンスや歌のトレーニングをしておかないと!・・少なくとも私がダイアナ役をやる事はないと思いますが。・・そんな事わかってるって?!・・きっと私は顔にスミ付けて「おっちゃん、靴磨かしてくんなよ〜」って靴みがきの役とかやる事になるねん!(←そんな役あるのか?笑)
posted by さくらさくらカンパニー  at 19:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年04月15日

ちょっとぉ、ひどいじゃないですか!?

「望郷ノスタルヂア」〜李香蘭〜公演の
終演コメントがアップされました。
・・・機嫌よく読んでいたら
ムツキさんの舞台裏暴露のコーナーが
一緒にアップされていました。

私の失敗談が筆頭に3つもあげてありました。
・・・そりゃあ私は、あんなこともこんなことも
やってしまいましたよ!!
でも、あそこまで詳細に書かなくても
いいじゃないですか!?
私だってやろうと思ってやったわけじゃ
ないやい!!!!

公演が終わって2日・・・
いろんな方から感想が届いています。
予想外に(・・・あ、すみません^^;本音が)
大好評で、お客様はすごく感動してくださった
ようでうれしいです。

やっぱり舞台は良いですね。
伝えたいことを、はっきりと持って
熱い想いで発信すれば
お客様には絶対に伝わるんですね。
今回の公演でそれを強く実感しました。

次はミュージカル!
ダンスレッスンにも励んでおかないと。
がんばるぞぉ!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 12:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年04月08日

明日は初日です!

とうとう明日は初日です!!

木曜日から日曜日までの4日間公演は
ニューヨーク公演以来なので、緊張を
うまく持続する必要がありますね〜。

今回の公演は自分たちの身近な時代だから
かもしれませんが、皆役柄をものすごく
研究して、作り込んでいます。
だからいい意味で、負けられない!!!
と思えるんです。
役作り・・・という意味では本当に勉強になってるし
何より出演キャストのチームワークが本当に
素晴らしいし、ヘタレの私も負けずに頑張ります。

今回のステージは「舞台」というよりは
「空間」と「客席」の同在するバーチャルパフォーマンス
のようなものとでもいいいましょうか。
とにかく、あまりご覧になったことのない
不思議空間を体感していただけると思います。

木曜日から日曜日まで4日間・・・
ぜひぜひ皆様、お誘いあわせの上お越しくださいませ。
お待ちしています!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年04月03日

もうすぐ初日です!

来週の木曜日は公演初日です。
木曜日が初日の公演は珍しいのです。
お客様、来てくれるかな・・・
考えてみれば1月から稽古を始めて
2月はニューヨークへ行き、帰国後に
稽古再開して・・・あっという間でした。
今回の私の役は「大好き!」というよりも
「ちゃんと演じなきゃ」と・・・何かいつもと
全く違う責任感みたいなものを感じます。
川島芳子・・・歴史上の実在の人物で、しかも
悲しい人生を送った人・・・
人の一生は短くて儚いし、その中で
精一杯生きるのは本当に難しい。
私自身も今、劇中の芳子のセリフのように
まさに「どうやって生きるか?こんな風に
生まれたんだから、生きるしかない」
そう思いながら日々を過ごしています。
いつも舞台と共に先の見えない・・・
手探りの生き方を選んだ私なんですから
・・・精一杯生きなければ。
・・・精一杯演じなければ。
「川島芳子」として過ごす最後の1週間・・・
彼女からみつけたメッセージを大切に
前向きに演じたいと思います。

  追伸)髪を切り黒く染めました。
     芳子さんを意識してけっこう大胆に
     切りました。かっぱ度が上がり
     「Give me a chocolate!!」と
     叫ぶ戦時中のガキンチョみたいです(笑)
posted by さくらさくらカンパニー  at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年04月01日

4月!!

今日から本当に四月だ!!
先日のブログで、日を一日間違えて
「明日から4月」と書いてつっこまれたけど
本当に今日から4月だ・・・来週の木曜は初日だ。
・・・実感がない。

昨日髪を黒くしたのにもかかわらず、
やっぱり実感がない・・・
でも泣いても笑ってもあと1週間!
悔いのないようにがんばるぞ。

今回の舞台はいつもの本公演のように
ダンスや歌が多いわけじゃないし、
セリフの量はハンパじゃないけど、
また新しい自分を見つけられる気がする。
お客様にもそういう風に見てもらえたらいいな。

あと1週間で舞台の幕が開きます。

歴史モノローグシリーズ第4弾

「望郷ノスタルヂア」
       〜李香蘭〜


どうぞ皆様、お越し下さい。
posted by さくらさくらカンパニー  at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年03月31日

すみませんねぇ〜〜!

今日は3月31日ですね、ええ、そうですね〜〜〜!!
すみません、私は昨日で3月が終わると思っていました。
ええ、そう思っていましたが、それが何か〜〜〜?!

・・・もう本番が近くなってきて、曜日の感覚が
おかしいんです・・・すんません、ほんますんません。

だって、来週の木曜日はもう初日・・・
ひ〜〜〜!!!

先週からなんだか身辺が忙しい。
ニューヨークから先生が来てお迎えや
レッスンに行ったり、週末稽古にはごまさん
(風夢さん)が来られてごっつー緊張してたり(笑)
本番の為のいろんな準備も要るし・・・

ヘタレでびびりのくせに、なんてのんびり屋なんだ、私。
川島芳子さんの本ももっといっぱい読みたかったのにな・・・
いや、まだ1週間以上ある!
出来ることを精一杯やるんだ、私。

・・・計画立てよ。
(↑今か・・・?!)
posted by さくらさくらカンパニー  at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年03月30日

今日で3月は終わる・・・

土曜日曜とも丸一日の稽古で皆、本番に向けて
燃え盛っています!もう本当に音が聞こえてきそうな位
皆、燃えてます。膨大なセリフを覚え、一人芝居の
部分の長セリフをものともせず・・・もちろんえーさくさん
(桜華)のお腹痛病とか私の遊びに行きたい叫び症とか
いろいろと発症はしていますが、なかなかいい感じに
なってきたのではと思います。

しかし、あの小さな四角い空間にお客様が入ったら
どんな感じするんだろう?と思っているところに
名古屋の劇団に所属されてる方が見学に来て
下さいました。(ダンスも歌も芝居もすごく出来る方だ
ときいていたので実は緊張して密かに前日眠れなかった
んです〜・泣)照明のコサック(結城)も客席に座り
照明のシュミレーションをしていました。

おお、お客様は・・・こんな間近なのか?!!!!
集中力がものすごく必要だ!!
DHAとEPAを飲みまくって頭の働きをよくして
集中しなければ、「ん?あそこの人知り合いかな?」
なんて思ってセリフしゃべっていたらもうもう・・・
なにを話していたかわからなくなるぞ〜〜〜〜!!!
気合だ気合だ気合いだ〜〜〜!
しかし1日3回の通し稽古はしんどい・・・
ダンスとかのある舞台じゃないから
体は元気なんですが・・・心がしんどい。
でも、皆作品と自分をすごく愛して大切に大切に
頑張っているのがわかるから、きっと良いものに
仕上がると思う。私も負けずにがんばらないと。

日曜日は朝から私がニューヨークから来日している
ダンスの恩師の特別レッスンに参加したので
昼から参加しましたが、皆はもちろん朝から
はじめていて、この日は制作会議と現場当日の
打ち合わせをやはり白熱してやっていました。
熱いぞ、さくら2com.!!

昼からは演出のダメ出しによる部分稽古、
その後通し稽古・・・
少しづつ皆の覚悟も定まってきたような感じです。
私も覚悟を決めなくちゃ。

でもこの作品をやる際にやっぱり思うのです。
戦争で死んだ人は軍人も大人も子供も沢山いた。
うちのじいちゃんもその一人だ。
今日レッスンを受けてきた私の先生はアメリカ人で
戦争の時は敵国の人だったわけで・・・そんなん、絶対にイヤ!!
世界中の人がいっぱい悲しんで、せっかく
この世に生まれたのに自分らしく生きることも
出来ないまま死んでいったんだ・・・
そのことを考えたら、もう私のヘタレやびびりなんて
どこかへ飛んでいくような気がする。

今日で3月は終わります。
明日から4月・・・本番が近づいて叫びそうですが
泣かずに頑張ります!!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年03月26日

稽古したくない病!

090321_121528.jpg
といっても本当にお稽古したくないわけではないのです。ただ、通し稽古が増えて来て作品としての全体像が見えはじめて来たので、回数やると作品のテーマの重さに耐え兼ねてしんどくなるのです。朝から一度通し稽古を終えた頃、この病気がやってきます。「うーどこかへ行きたい〜!」と叫びまくってしまう私。「お腹痛いよー」と言い出すえーさくさん(桜華)。しかし、しんどくなるって事はきっと少し、仕上がりに近づいてるって事だ。(多分)だから、だから、がんばるしかないのです。
この絵は名(迷)画家えーさくさんの心の風景です。しかし、何でカッパなんだ?
posted by さくらさくらカンパニー  at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年03月25日

川島芳子さんの処刑日

今日は川島芳子さんの処刑が行われた日です。朝の5時40分だと伝えられています。今朝はその時間に起きて、北京の方向に向かい一人で黙祷しました。彼女が銃殺された時、どんな思いだったかはわかりません。でも、銃によってあっけなく命の火は消えた事でしょう。今の私に出来るのはそんな彼女の人生を通して、彼女が遺して行った「強き想い」を受け継ぎ、精一杯自分らしく生きる事だと思います。本当なら彼女のお墓のある長野県松本に行ってこの黙祷をしたかった。私の人生を改めて見つめ、勇気を持てずに目をそらしてしまう弱さを感じた時は彼女の生き様を思い、強い信念と見るべきものをしっかり見つめる強き心を持つ事を川島芳子さんの命日に際し、誓いたいと思います。 葵 かずき
posted by さくらさくらカンパニー  at 06:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 葵かずき

2009年03月19日

戦争の話、最近多いですよね?

今夜、歴史スペシャルで「李香蘭」の特集があるというので
とても楽しみです。今回、私たちは初めて戦争背景の物語を
舞台にするので、いろいろ本を読んだりDVDやテレビを見たり
していますが、資料がありすぎて助かる代わりに、まだまだ
勉強しきれません(泣)

それにしても最近、新聞やテレビで戦争関係の物語や記事を
よく見かける気がします。なぜなんだろう?
世界の情勢がおかしくなってきているから?
確かに、いつ戦争が怒っても不思議はないかもしれないけど
・・・そんな事になったら絶対に嫌だ!
殺したり殺されたり、誰もが悲しい思いをするだけだ。

うちのおじいちゃんは大東亜戦争の終わり頃に
硫黄島からサイパンへ向かう途中で戦死したとの事。
30才位だったんじゃないかな。
おじいちゃんなんて呼んだら怒られる年令だ。

「硫黄島からの手紙」を留学先のニューヨークで観た時、
うちのおじいちゃんもあんな風に死んだのかもと
胸が痛くなった。終演後に映画館内が明るくなると
周囲のアメリカ人も皆、泣いていた。

「No more War!」
と映画館で私を抱きしめて泣いたおばさんの事を忘れない。

戦争は世界を狂わせる。
今回の私たちの舞台も戦争のために自由に生きられなかった
人たちの物語だ。
現代を生きる私たちは、自分の好きな道を探すことも
自分らしく生きることも出来る。
私は「舞台」という自分が選んだ世界で
そんな時代を生きた人たちの事を伝えたいと思う。
そして、戦中戦後を生き抜いて、私をこの世に
送り出してくれた祖父母に感謝したいと思う。



posted by さくらさくらカンパニー  at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年03月11日

ホール打ち合わせがありました。

昨日は今回の公演「李香蘭」の舞台となる
「A Stage!」にてホール打ち合わせがありました。
ホール打ち合わせというのは、制作部、スタッフ(照明、
音響、舞台)がホール側と公演の進行についての
連絡や報告をするもので、だいたいいつも公演の1ヶ月前に
行われます。

制作部も照明も音響も当日進行に関しても
完璧なほどの報告と質問が飛び、ホール側の方も
「ここまで完璧な打ち合わせと資料を用意してくださるとは
・・・見習います」と信頼関係はしっかりと築けたようです。
やっぱりさくら2com.のスタッフ陣はすごいです。

役者の私は本番の空間へ足を踏み入れた瞬間
「あ〜ステキな空間やな」という気持ちと「ここで演技するのか、
うわ〜緊張するな」という気持ちの両方が湧き出てきました。

今回は「時代をバーチャル体験する」という
空間を生かした特殊な演出なので、私たちも360度気が
抜けないのです。
いったいどんな舞台になるんだろう・・・
期待感と緊張が沸いてきています。

「戦争」を背景にした舞台なので、少し重いかも
しれません。でもそれだけじゃなく、さくらの舞台はいつも
「希望」を描いています。
ステキな舞台です!
ぜひぜひ、観に来てください。

今回の舞台は決して大きな舞台ではありません。
あの空間でしか出来ない作品です。
さくらの舞台でしか感じられない感動です。

・・・かずき、がんばります(←最後は弱気か・汗)

posted by さくらさくらカンパニー  at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年02月23日

バーチャル的演出

090222_134814.jpg
今回の「望郷ノスタルヂア〜李香蘭」は舞台と客席が一体になっていて、演じるのがすごく大変。でも歴史モノローグシリーズは毎回、空間を生かした舞台が出来上がるから、演じる私たちもどんな舞台になるか楽しみ!皆さん、ぜひ観に来て下さいね。かずき
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年02月20日

川島芳子生存説

先日、「川島芳子は処刑を逃れて戦後も生きていた」
という内容のテレビ番組をやっていました。
昨年秋頃にも新聞に生存説が載っていたし、出版されている
本の中でも処刑を免れたのではないかと紹介されている
ものも多数あります。真相はもちろんもうわからないけれど、
出来るなら処刑を免れて生き延びて、その後の人生を
全うしていてほしいと思いました。
そうでないと彼女の人生は悲しすぎると思います。

私は今回、川島芳子を演じる事で沢山の本を読んでいますが、華々しいイメージとは裏腹に孤独で愛情をいつも求めていて、
だからこそ周りを傷つけてしまったり、自分も深く
傷ついたりして、そんな中でも清朝を復活させて
中国と日本の間で動いていたパワフルさ、そして男装
・・全てがアンバランスな彼女の人生には
心を揺さぶられます。

さくら2Comの歴史モノローグシリーズは今回で4作品目に
なりますが、実在の人物を演じる責任はいつもとても強く
感じます。
実は私は写真のある実在の人物を演じるのは
初めてなんですが、川島芳子の多数の写真を見ては
「大切に演じます」と思うのです。
稽古の始め頃は写真を見るのが恐かったんです・・とても。
でも今は、確かに生きて存在した彼女を感じ、
心を込めて演じたいと思います。


posted by さくらさくらカンパニー  at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年02月17日

お兄ちゃんと呼んでくれ。

私が演じる川島芳子さんは実在の人物で(今回の登場人物は
全員実在ですが)『男装の麗人』という言葉のルーツに
なった人です。

男役ではなくあくまで男装の女役といのは難しいです。
普段元気系の男役で沖田総司や火月(火宵の月)を演じて来た
私にとって今回の役は難関です。どこか退廃的でハスにかまえた
感のある芳子さんは本当に難しい。
男役なら気にしないでいいはずの仕草をそのまま
やってしまったのでは『男装の麗人』になれない・・・。
しかも、セリフがちびまる子ちゃんの花輪くん風
(いや、べいべ〜♪とは言いませんが)でどこかキザっぽい。
役柄としてはわかるんです・・・そういう風にポーズをつけて
自分を守りながら必死に生きている彼女の人生は本当に悲しく、
かつ魅力に満ちていると。

しかし葵かずき、苦手分野であります・・・
しかも女役です。
セリフの中で

「僕のことはお兄ちゃんと呼んでくれ」

と言うのですが
・・・これは実際、山口淑子さん(李香蘭)の自伝の中にも
出てくる川島芳子さんの実際の言葉なのですが、
どうも私が言うと・・・おかしい・・・。

どうしたら魅力的に川島芳子さんを演じられるのか
目下、悩み中です。
そして伝えたいです。中国と日本のハザマで必死に生きてきた
彼女の人生を・・・。

posted by さくらさくらカンパニー  at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年01月30日

かずき、生きてます!

かずき、元気にニューヨーク滞在中です。
さっき書いたブロブが投稿前に消えてしまい
悲しいです。さくらブログをヴィッちゃんに
まかせ、ニューヨーク滞在記はなちさんにまかせ切りの
私ですが、なんとかニューヨークで頑張ってます。
ニューヨークは−5℃でほっぺも鼻も凍りそうに寒いです。

時差ボケとの戦いが夕方頃にやってきてまだしんどい時も
ありますが、なんとか頑張っています。
ここでの経験を次の舞台に活かしたいなと思います。

あっという間にニューヨークに来て、4日が過ぎました。
さくらの皆が恋しくなってきました。ちょっとホームシック?
でも帰ったら怒涛の稽古が待っているので、弱音を吐かずに
頑張ってきます!待っててね、皆!!
posted by さくらさくらカンパニー  at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき

2009年01月23日

川島芳子、インフルで写ってます・・・

新フライヤーがもうすぐ出来上がってくるのが
とても楽しみなのですが、私こと葵かずき・・・
写真撮影の日、インフルエンザで瀕死でした。
この日に撮った写真はどれも「私はしんどいです」
って顔で写ってしまいました。
せっかくお洒落なフライヤーなのに・・・

今回、川島芳子役という大役を頂き(女役です)
光栄すぎるのですが、その芳子さんをインフルエンザ顔で
フライヤーにデビューさせてしまいました。ごめんなさい。
この償いは本番にいい舞台を作るって事で堪忍して
下さい。

この頃、この時代関連の本をたくさん読んでいます。
川島芳子関連だけでもかなりたくさん出版されえていて
今は「男装の麗人 川島芳子伝」というのを読んでいます。
彼女が4匹の猿を飼っていて「福ちゃん」「もんちゃん」と
名づけていた話とか、犬には「ポチ」とつけていたそうで
いろんな資料の中で、彼女については良くも悪くも
書かれていますが、何だか孤独の中でも愛する気持ちを
忘れない人だったんだなと、写真もいっぱい残っている
人だけにとても身近な感じがします。

私も幼少期にいろいろあったけど、彼女の人生を見ていると
「私なんてまだまだ」と思う位、川島芳子さんという人物は
波乱に飛んだ人生を生きています。
以前、沖田総司を演じた時、彼は写真も残っていないし
どんな人かという記述も少なかったので
あくまで私なりの解釈で役作りをしましたが
今回は小説も自伝も多数あるから、たくさん勉強して
彼女の生き様を、しっかり演じたいと思います。
posted by さくらさくらカンパニー  at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 葵かずき