2009年01月05日

さあ、やるぞ!

梦月です@あけましておめでとうございます!

皆さん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?
私は12/27から東京へ行き、帰宅した30日は寝倒したため換算には入れず、31日に実家へ帰り、2日深夜に帰宅し、3日は朝6時前に集合してえーさくさんと広島呉市に行き、4日の23時くらいに帰宅して今日に至ります。

ちょっと初めてかも、ってくらいの出っ放しの年越しでした。
あまりにも不在が続いたので、飼い猫たちが他人行儀とベタベタ甘えの間をいったりきたりしています。


今年はいよいよ李香蘭の稽古も開始しますし、あれこれと予定があって楽しさ満載です。
ワクワクしすぎて武者震いしそうです。

どんどん突っ走るぞ〜!と気持ちも新たに決意する次第です。
今年もさくら2comで、ハイクオリティな舞台をご用意しますよ!

どーんとついてこ〜い!

banner_02 ← 今年もガンバロ!

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」

      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 
posted by さくらさくらカンパニー  at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月27日

表彰された

2008122719580000.jpg
1週間で10万歩以上歩いて女性1位だったので表彰されました(笑)


創立90周年記念の時計の余り(笑)と社内購買で使用できる金券をもらいました!
1500円分なので毎日買う食後のコーヒー(130円)に使用したいと思います!
posted by さくらさくらカンパニー  at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月26日

本屋とかで売ってるアレ

梦月です@登録したメルマガが初配信にして廃刊して愕然。

みなさん、楽しいクリスマスを過ごせましたか?
残り物をぶち込んだ鍋と、抹茶ケーキでご満悦に過ごした私です

さて、稽古開始が年明けのせいもありますが、私、全然ネタがありません。
ヴィっちゃんのようにドンピシャな人が周囲にもいませんし、読んでる本の感想は重くなりそうだし……。

こないだやってた毎日放送の特番&ドラマ「あの戦争はなんだったのか 東条英機」を取り上げて感想を書こうと思ったけど。

すみません。
素直にドラマに関しては「なんだそれ」というツッコミどころ満載で感想どころではありません。
前半の資料映像はなかなか面白かったんですけど。

そうそう。
資料映像といえば、事務所には未開封のDVDがあります。

もう足掛け3年になりますが「YAMATO-男たちの大和-」という映画が上映されました。
私&とっくんさん&えーさくさんが、これにドップリとハマりました。

なんていうか、ハマるというよりは人生変わる、っていうか。
ガツっと心臓つかまれて、脳みそがグラグラしそうなくらいの衝撃というか、私としてはマイベストオブライフの1作です。

我先にと競うように戦争映画やら資料やらを読んではみるみるうちにハマっていった私たちですが、その時、とっくんさんが買って来たDVDがあります。

「実録 太平洋戦争」
「激闘 ガダルカナル」

正式なタイトルじゃないと思うけど、まぁこういうタイトルでした。
パッケージは、噴煙を噴き上げる艦隊や銃を手にする日本兵たち。もちろん実写真。


さ、さすがにちょっと、実録すぎて観る勇気がない……。


パッケージ見てるだけでガクブルしそうなので、未だに袋に入れて事務所に置いてあります。
でも、資料のひとつだ……いや、でも……。

とりあえず、ひとりで見るとずど〜んと落ち込んでしまいそうなので、意を決して見るときには強制イベントで誰かを巻き込もうかと思います。

戦いの中にもほほえましいエピソードがあったりもするけど、やっぱり前提として悲惨すぎて……(T△T)

banner_02 ← ちょっと怖いんだもん

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」

      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 
posted by さくらさくらカンパニー  at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月25日

クリスマスナイト

梦月です@メリークリスマス!

私は無神論者ですが、たった一人の宗教家が残した精神論が、2000年も世界中に流布している現実は素直にすごいと思います。
世の中で一番売れてる本は聖書ですが、残念ながら読破したことはありません。
でも、どの国のホテルに泊まってもベッドサイドには聖書が入っていますし、天井にはメッカに向かって印があります。
世界2大宗教ってことでしょうか。仏教、やや分が悪いみたいです。

クリスマスですからケーキにチキン、としゃれ込みたいですが、23日のさくら忘年会での残り食材で鍋パーティをした昨夜のイブに引き続き、やや残りの食材を消費するために一人鍋を堪能したいと思います。
せめてケーキでも、と思うけど地元のコンフェクショナリーは年に一度の長蛇の列です。かなわない……ッ!

なんだか悔しいので、ちっちゃなケーキでも作ってキャンドル点けて音楽かけて。
存分に一人鍋を楽しむ夜の所存です。ほーりーなーぃ♪

banner_02 ← ホントはサンタの誕生日だと思う

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」

      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト
posted by さくらさくらカンパニー  at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月23日

さくら忘年会!

P1020050.jpgP1020051.jpg
梦月です@得意な料理はシェフの気まぐれメニューです。

事務所近くの公民館で料理室を借りての2008年さくら2com忘年会です。

本気の勢いです

リクエストで作成した豆乳キムチ鍋とトマト鍋をメインに、おつまみや焼きそばが盛り付けられました。

忙しい中立ち寄ってくれた、今年お世話になったさくらファミリーのみんなが入れ替わり立ち代わり参加。
楽しい忘年会となりました。

とっくんさん(徳永)リクエストの疑惑の「ポンジュースご飯」は「ポンジュースがなかったから」とオレンジ100%ジュースに変更されましたがなんとか炊き上がり、見た目はサフランライスのようでした。

が!そのお味はまさにオレンジ100%!

「うーん…」

と全員が小首を傾げてしまいました。

ちょっと完食できそうになかったので急遽ドリアに変身させたらこちらは完売。

ミートソースとチーズは偉大です。

ドリアにしたらオレンジご飯もなかなかイケてて、用途によっては「あると思います」。ビタミンも多そうです。

2次会で「火宵の月」をみんなで鑑賞(初めて)
アレコレ突っ込みながら夜は更けていきました。


今年もあとわずか!
まずは年賀状なんとかせねば!
posted by さくらさくらカンパニー  at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月22日

あいだに読む本

梦月です@年賀状はまだ以下略

近頃、4月に関わる本を読み漁っています。
いつも歴史モノに関わらず作品に関係する本は読んでいるのですが、流石に戦争関係のものは頭も心も重くなります。

そこで、息抜きに走ります。
図書館や本屋へ行くと、1冊は必ず舞台とは関係ない本を借ります。

さぁ、何読もうかなー。
小説かなー。レシピ本もいいなぁ。

そうやってうろうろする私の目にふと留まったのは


「家紋を読む」


(本書より)
「あなたは自分の祖先がどんな人間で、どんな身分で、どんな家柄で、何を生業にしていたか知っていますか?
現実に祖先をさかのぼろうとしても、せいぜい四代くらいまで。その中で家柄や血筋を問うことしか出来ないのです。
では、家系図もない私たちがルーツをたどることは不可能でしょうか?その不可能を可能にしてくれるのが「家紋」なのです。
先祖代々、脈々と受け継がれてきた家紋から、あなたのルーツを解き明かすことができるのです。
本書は、さらに紋様自体に隠された秘密や謎も読み解いていきます。 」


「……気になるわ……」
というわけで、借りてきました。家紋の読み方。
自宅の家紋なぞ知りませんが、歴史ヲタの私には身近な家紋。

ちょっと勉強したら、城郭見学にもっと深みが出るかしら!とか、
クリスマス辺りにコレを読むことになるんだろうな……と考えると少しばかり、こんな私でいいのかしら、と思ってしまいます。

息抜きというにはディープなチョイス。
書庫を見るとその人がわかる、と言いますが、確実に私の場合はより混乱すること間違いなしです。

マニアな息抜きをしようと思います。

banner_02 ← 人生も割りと息抜き続き。

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」

      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 
posted by さくらさくらカンパニー  at 16:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月20日

進化の過程

2008122217420000.jpg
オーディション審査の帰り。

「おなかすいたー」

とわめく私たちは来来亭というラーメン屋で夕飯です。

出てきた器があまりに面白くてパチリ。

左から
ヴィッちゃんの「ラーメン」
なちさんの「ワンタン麺(葱多め)」
かずきさんの「ネギラーメン」
です。

大変美味しゅうございました。

いいなーこの色(笑)
posted by さくらさくらカンパニー  at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月17日

フライヤ切り絵ver 登場!

梦月です@舞茸おむすびにハマってます。

「望郷ノスタルジア〜李香蘭〜」のフライヤ 切り絵Verが届きました!
蝶と薔薇とをモチーフにした美しい切り絵がモチーフです。

切り絵は、中国の代表的なお土産ものにもなっていますね。
縁起ものでして、中国では額縁なんかに入れておうちに飾っていたりします。
街中で屋台を出してやっている人もいますが、本気の切り絵は緻密でまさに芸術品。

切り絵Verに掲載されているものも、とても繊細で綺麗です。
「望郷ノスタルヂア」の、華やかでいながらどこか危うい感じが伝わります。

年明けには、人物Verが出来上がり! こちらも楽しみ。
みんなのコスチュームプレイ(まぁ、さくら2comの舞台はいつもコスプレ並みの衣装ですが)をお楽しみに!

前回「火宵」で、陰陽師で巫女で僧侶で大陸少女でしたが、今回はどうなるか……!?

さくら2comとしては、初めての2種類のフライヤです。
Web画像で見るよりも、フライヤそのものを見ると迫力が全然違います。

お手元に2種類集められるかな!?
12月後半(いや、もう後半ですけども)から、大阪・神戸・京都を中心にダンスショップや劇場などにお目見え予定。
張り切って探してみてください。

フライヤ掲示のご協力者・ご協力店も募集していますので、「うちでどうぞ!」という方はぜひお知らせ下さいね。
メイルミー → sakura@fakikaku.com

フライヤができてくると、途端に現実味を増します。わくわく。

banner_02 ← 願いをこめて。

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」
李香蘭仮チラ
      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 
posted by さくらさくらカンパニー  at 14:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月16日

雪の降る町を。

梦月です@生湯たんぽ(猫×3)が手放せません。

昨夕、「深イイ話」を観ました。
そこで紹介されていたエピソード。

「08年1月11日、戦乱収まらないパレスチナで1日だけ(正確には14時間だけ)1件の犯罪も起こらなかった」

というものです。
テロや犯罪による死者が1日平均で45人という(!)パレスチナの戦乱を止めたのは





その日、1年平均気温26度のパレスチナで、100年ぶりに雪が降ったそうです。
雪が降っていたその間だけは、犯罪が起こらなかったのだとか。

空から降る白い雪は神様からのメッセージだ、と番組では結んでいました。
それを機に、戦乱が止めばいいのに。とゲストもコメント。

「望郷ノスタルシア」に向けて沢山の文献・資料・映像を調べるにつれて、戦乱時の悲惨さを滲みるように感じるわけですが、「生きる」という基本さえ脅かされる戦争が、今尚止むことなく続いている土地があると思うと、悲しくなります。
ダメだと判っているのに、止まない。
経済や宗教や政略など、様々なものが絡まりすぎた土地であるとはいえ、一日も早い安定を願っています。

銃撃におびえる土地の人たちが初めて見る雪は、どう見えたのでしょうか。

100年前といえば1908年。日本は明治41年。世の中にはまだオスマン帝国や、ハンガリー帝国が植民地闘争を繰り返し、夏には第4回オリンピックが開催されていました。
おっと、ラストエンペラー・愛新覚羅溥儀が2歳にして清の皇帝に即位したのも、後に甘粕事件で被害者となる大杉栄が逮捕されたのもこの年です。川島芳子は1歳、李香蘭は生まれていません。甘粕さんは19歳の青年です。

今となっては「歴史モノローグシリーズ」に出演するような「過去の人」たちが「現実」だった頃にパレスチナにも雪が降り、その時も争いの手を止めたのかもしれません。

banner_02 ← 願いをこめて。

*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」

      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 
posted by さくらさくらカンパニー  at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月15日

「甘粕正彦」 読了。

梦月です@まだ年賀状書いていません

この日曜日に「甘粕正彦」を読了しました。
4月の「望郷ノスタルヂア〜李香蘭〜」で登場する4人の登場人物は
李香蘭
川島芳子
愛新覚羅溥儀
そして甘粕正彦 です。

ですが、私はこの甘粕さんのことを全然知らなかったのです。
皆さんはご存知ですか?

日本陸軍の人、甘粕事件の犯人、満州で活躍(むしろ暗躍)した人、満映の理事長。
それくらいの知識を、他の人たちの資料を読んで知ったのですが、詳細は知らないままでした。

そこで、ちゃんと甘粕さんを研究した文献を読んだら……もうなんていうか、悲哀の人生というか、利用され損というか。

「甘粕事件」でさえ人の罪をかぶり、軍籍を剥奪された「生粋の軍人」。
天皇を至上とし、皇国のために死ぬことしかなかった人が、その手段である「軍」をなくして無為に過ごさなければならなかった虚脱感。
そして、「軍」という正規の手段に戻れなかったことで「暗躍」をして「満州国」を建国することで、日本(ひいては天皇)に尽力しようと命を賭けた人。

あまりに愚直で、不器用で、頑固オヤジそのものだからこそ、嘘も裏もなく、人に愛されていた。

予備知識がない状態で読み込んだので、なんだかガツンときました。
この人も名前が残ってこそいるけども、名を残さなかった人たちと同様に、時代に翻弄されて消えていった……。

なんだか、あの時代は知れば知るほど切なくて理解し難く、けれどだからこそ決して忘れてはならないのだと思います。
どこまでもあの時代の「日本人」であった甘粕正彦。
読書して、さらに興味がわきました。

さて4月の舞台では、どんな「甘粕正彦」が出てくるかな。
イチ観客としてとても楽しみです。(……観客?)

年が明けるとお稽古が始まります。
そうこう言っている間に、今年もあと15日。(ぎゃー)
年末に向けて、再放送やら新放送やらで戦争関係ドラマも目白押しですので、漏らさずチェックしたいと思います。
posted by さくらさくらカンパニー  at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年12月08日

ドラマ2本分の感想。

ヴィッちゃんが書いていた「男装の麗人〜川島芳子の生涯〜」と「最後の戦犯」は私も観ていました。

そして「男装の麗人」は私もおなじく、アタマ1時間くらいで撃沈
。そうなんです。ホットカーペットをつけると以下略。

でもウチDVDはちゃんと最後まで撮れてましたよ(にやり)
以下ネタバレありです。

-----------------------------
川島芳子の生涯は、資料を読んでいても思うけども、なんとも空回りをしているというか、一人相撲を取っているというか。
劇中でも言っていたけども「自分の人生にスポットライトを当てて、一人で拍手喝采を送っている」というのがピッタリな感じだと思います。
私は高嶋(弟)の皇帝溥儀は個人的に「どうかな」って思ったのですけども、彼と芳子が最後に別れるシーン。
全てを悟って全てを諦めて日本に亡命する溥儀のまなざしと、清朝複辟を願ってかき集めた資金を溥儀に渡す芳子のまなざしの差があまりに哀れで、芳子の全てを表しているような気がしました。

もう清朝など在り得ないのだ、という現実を直視できなかった芳子。
その復興をエサにされて、ひたすら走らされた芳子が哀れでかわいそうで、実直すぎて堪らなかった。

デマに生かされ、デマで殺された川島芳子。
最近彼女の生存説(処刑後も生き延びた、というやつ)が流布していますが、私個人としては是非それが本当であってほしいと思います。
なんというか……あまりに、あまりだ。

戦争で死んでいった人たちも悲しいけれど、戦争に生かされた人たちもかなしい。

そういう意味で、「最後の戦犯」は <戦争によって歪んで生きなければならなかった人> の視点で、こちらも胸を突かれる。

今日も朝からテレビではアメリカの先制攻撃計画の資料・証言発覚とか、夜は東京空襲の体験談とか。

いつも、舞台に関係するものには敏感になるのだけど、なんでここ最近こんなにも戦争の話が多いのだろうと思ったら、なるほど今日は12/8、真珠湾攻撃の日でした。
(なお、戦艦大和に心を奪われている私個人としては12/7は大和の試運転の日だ、と言いたい)

ビートたけしを東条英機に置いたドラマも年末に放映されるし、4月公演までに資料・映像には事欠きません。
そして、それらを観るたびに締め付けられる胸の裡を静かに見つめてみたいと思います。

-----------------------------

以下、個人的な「男装の麗人」の感想。
原作が「男装の麗人」(小説)なので、それ自体が小説っぽいというか華々しいというか。
史実と違うことが多いのでエンタメとして観ていました。
メイサちゃんの芳子は、男装も女装も色気があってよかったけども、真矢みき大ファンの私としては、みきちゃんが芳子を演じている後半の印象が絶大すぎました。

処刑前後のシーンは、やっぱり泣ける。

「私は誰だ。私は……私は、私だ」

芳子の独白と共に放たれる銃声と、散る桜。
虚構を生きた芳子が、本当にその瞬間に実像を掴めたのなら……と願って止みません。

中村トオル氏演じる甘粕さんが、もうすごい渋くて腹黒くってステキでした。

あー……堀北まきちゃんの李香蘭は……カワイイんですけど……あの明らかな口パクっぷりはどうなんでしょうか……(口パクじゃなかったらゴメンなさい)

banner_02 ←私、口パクなしで頑張りたいと思います(墓穴)


*・*・*・* さくら2.com INFORMATION *・*・*・*

      歴史モノローグシリーズ act.4 
    「望郷ノスタルヂア 〜 李香蘭 〜」

      2009年4月9日(木)〜12日(日) 
     大阪市中央区東心斎橋 「A STAGE!」 にて

    出演者:葵かずき 桜華けい 大浦薫 梦月楓

詳細は → FA企画.com
携帯からなら → FA企画モバイルサイト 
posted by さくらさくらカンパニー  at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 梦月楓

2008年12月04日

少し昔のお話を

「李香蘭」をやることに決まって、色んな文献や資料を読んでいます。
アタマの中が、日中関係史でいっぱいになってきました。

当時の話をしてくれる人は身近にいないのですが、その頃の影響を深く受けた戦後真っ只中に身をおいた人たちから話を聞く機会も増えました。

「引揚者の船に乗って真夜中の九州に着いた時、ハブラシと着替えとピンクの毛布が配られて、バスに乗った。あの時のピンクの毛布が忘れられない」

とか。

「戦争でどこも行くことがなくて道端で、汚れたこのまま野たれ死ぬんだなぁと思っていた時に、旦那様に拾ってもらったのが(出会いの)始まり」

とか。

誰も話す言葉は少なくても、すごく深い声で語るので、そこから根掘り葉掘り訊くことが躊躇われます。

私はといえば、もちろん戦争の影響など薄れた時代に生きているのでそういう生々しい体験はないけども、少しだけ戦争の遺した爪あとみたいなのに心を引っ掻かれたりしたこともある。(そういう話はまたおいおい)

何が悪いとか誰のせいだとかではなく、もう時代が狂っていたとしか思えないのだけど、その中でも一生懸命に生きてきた人たちを大切に演じたいな、と思うのでした。
posted by さくらさくらカンパニー  at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月28日

事実は小説よりも奇なり

いよいよ発表されました!
4月公演のタイトル「望郷ノスタルヂア〜李香蘭〜」です。

素敵ですね。なんだか切ないですね。セピア色ですね!
どんな作品になるのか、今からとっても楽しみです。


さて、こんな記事を見つけました。(時報.comから引用)

------------------------------------------------
奇妙な縁に「心安らぐ思い」=川島芳子生存説に山口淑子さん

 旧日本軍のスパイで、1948年に北京で処刑されたはずの「東洋のマタ・ハリ」川島芳子が処刑を逃れ、中国東北地方の吉林省長春市で78年まで生きていたという証言について、旧満州で歌手兼女優の李香蘭として活躍し、芳子と親交があった元参院議員山口淑子さん(88)は18日、「信じられない気持ちがある一方で、あり得ない話ではない」と当惑しながらも、「もし証言が本当なら、あーよかった。心が安らぐ思いがする」と語った。

 「妹のようにかわいがってくれた」。
山口さんが芳子と初めて会ったのは16歳の時、天津の中華料理店「東興楼」でだった。
芳子は「君も『よしこ』か。ぼくも小さいときに『よこちゃん』と呼ばれたから、君のことを『よこちゃん』と呼ぶよ」と最初から打ち解けた。
山口さんは13歳年上で、りりしい男装姿の芳子を「お兄ちゃん」と呼んだ。

 「方おばさん」として処刑から30年生き延びたとされる芳子が形見として残したものの中に、李香蘭が映画「蘇州の夜」の主題歌を歌ったレコードがあった話を知ると、「そう言えば、お兄ちゃんと最後に博多で会ったときに、李香蘭のレコードを擦り切れるまで聞いているよ、と言ってくれたのを思い出した」。
「生存情報とともにレコードが残されていたということも縁を感じる」と感慨深げだった。

 清朝の王女ながら日本人の養女となり、日本籍を取得していなかったため、中国人として死刑判決を受けた芳子。
中国で生まれ育ち、中国名で活躍した山口さんも終戦後、中国で「売国奴」として裁判にかけられたが、国籍が日本だったため帰国を果たした。

 「国籍という紙切れで、私とお兄ちゃんは運命が変わった」と山口さん。
「78年まで生きていたのなら会いたかった。でも、隠れて暮らしていたんでしょうから、会えなかったでしょうね。切ない思いもする」と声を詰まらせた。(2008/11/18-17:26)

------------------------------------------------

年末にドラマ化するのに合わせたのかどうか、川島芳子さんの生存説が流れ、先日はワイドショーでも短いドキュメントフィルムが流れていました。

さくら2comでも、4月の公演は歴史モノローグシリーズで「李香蘭」を取り上げるので、最近メンバの全員がその付近に敏感になっています。その中でのドラマ化。そして彼らにまつわる様々な話が、目に見えてくるようになりました。

今は、年明けから始まるお稽古に向けて下準備をしているところですが、勉強すればするほど何ともいえない気持ちになってきます。

戦争という時代。満州という国。
そこを取り巻く様々な人たちの思惑と気持ち。

難しいあの時代を少しずつ紐解いていけば、さくらの咲く頃にはきっと深い深い気持ちで皆様にお会いできるかと思います。

 ◆

それにしても上記インタビュの中にある、レコードのエピソードは泣ける……。
そのレコードを聴いている時の心情たるや、想像すると切なすぎます。
posted by さくらさくらカンパニー  at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月20日

勉強中!

2008112022570000.jpg
さて!いよいよちらみえしてきました!来年度のさくら2comの公演が!
楽しみですね!わくわくしますね!どんな舞台が待ってるんでしょうか。

というわけで早速勉強に励もうとしています。
カタチから入るタイプですがなにか。

中には東大卒論をベースに書かれた研究書もあって、久々に古文調の文章&論文の読み方を思いだしながら読んでる梦月@史学部卒なのでした。
多分読後、噛み砕いて説明できないと思います…難しい…

そろそろ頭が時代をトリップしそう…そういえば読書の秋でした。ならいいかー。
posted by さくらさくらカンパニー  at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

打ち合わせ中!

2008111918270000.jpg
4月公演の打ち合わせがヒートアップ!
白熱の議論が続く中、私はカフェラテに陰陽を描いて楽しんでいました。

うまくできたかなー
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月10日

高校生たち

梦月です。
枚方市の高校演劇祭にお邪魔して、WSのお知らせに行ってきました。

中野さんの語るシアターダンスの魅力に、真剣かつ興味津々で聞いてくれた皆さんに、なんだか好感度大。
舞台にも日常生活にも役立つシアターダンスや、その他のことも、どんどん吸収して魅力的になっていってほしいな、と思います。
そしてニーズに答えられる舞台人になって、いつかさくら2comのステージを目指してほしいな♪

目指してもらえるステージであるように頑張りますよ!
posted by さくらさくらカンパニー  at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月09日

ハピハピバースデイ

梦月@首謀者です。

2008-11-09-079.JPG
11/9はかずきさんのお誕生日です。

さくら宴会部、発動!

ミルフィーユ作戦、と名づけられた今年のサプライズは、「メンバーが時間差で事務所に帰宅」という手の込んだもの。何層にも小出しのサプライズ、それはまさに、パイ生地が幾重にも重なったミルフィーユのようではありませんか!
(実際は、各自の予定に合わせて来てもらったんですけども)

最初はこじんまりと開始したものの、最終的には0時を過ぎるまで事務所に引き止めて、実家帰りのとっくんさん、お稽古帰りのえーさくさんまで巻き込んでのお祭り騒ぎ。

アイス好きのかずきさんには、アイスケーキを初体験していただきました。みっしりと全部アイスなんですよ、このケーキ……世の中には思い切ったものが存在するんですね……。

かずきさんには楽しんでもらえたようで、よかったよかった。
じいからのプレゼント・脳トレドリルを必死に解く姿は、まるで人間界に馴染もうとするカッパのようdおっと。

なにはともあれ、おめでとーございます★
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月08日

ありがとう。

2008-11-08-068.JPG

出かけ先で見かけた、ステキなランプ。

「ありがとう」

こういう、ほっこり気分でお客様をお迎えしています。

受付けのテーブルに置いておきたいなぁ(^^)
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月03日

お仕事中

とある文化会館でのお仕事でした。

出演者は、地元の高校生たち。総勢で300名くらい。合同吹奏楽で、8団体がコンクール決勝戦を狙って演奏をしていました。
さあ、次が出番だ!という生徒さんたちに、指揮者の先生(顧問かな)が、

「いよいよだ。いよいよ、本番だ。大丈夫、絶対にいい演奏が出来る。頑張らなくいい、楽しめば、いつもの頑張りが200%発揮されるから!」

というようなことを言って生徒さんたちを励ましていました。
演奏の前から泣きそうになっている女子高生とかもいて、彼らにとってこの日が特別なのだとしみじみ感じます。

毎日、毎日、練習した成果を、どの学校もどの生徒も存分に発揮して欲しいと思いました。

まあ、コンクールなので順位はつくわけですし、聴衆として聴いていてもレベルの高低っていうのはシビアに存在します。
ホールのスタッフは当然プロですし、世界中から一級の演奏者が集うホールなので耳も肥えています。
高校生吹奏楽部の演奏を聴きながら、実際のところ感想もないところもあれば「こいつら巧いな」というところもあります。

でも、全員が舞台袖では達成感と、充足感と、次への課題を抱えた顔をして帰ってくる。
その顔を作ったこの舞台が、彼らの成長にどれほど貴重なのかを目の当たりにできるホールの仕事は、とても素敵だと思います。

コンクールの順位発表で泣きながら喜ぶ子たちも、泣きながら悔しさに帰っていく子たちも、みんないい顔をしてました。
純粋に全力。そんな気分を味わった一日でした。
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓

2008年11月02日

自宅警備中

三連休中日です。いかがお過ごしですか。
みんな稽古やら旅行やらで一家離散中の三連休(笑)ですが、私はものすごく久しぶりに家にいて、一日中ひきこもっていました。

朝、宅配が来て玄関を開けた以外、外に出ていません。(玄関なので外じゃないだろう)
ブランチして、作業をして、夕飯を作って、作業して、お風呂に入って、作業して……。

自宅警備中っていうよりは、完全にSOHOだ。

こんなに長い時間家にいることは珍しいので(基本的にはねぐらです)3匹の猫たちがずーっとそばにいて離れません。
いつも寂しい思いをさせてるのね、ごめんね。
と撫でたら、「寝てるねん、邪魔すんなや、こら!」 とネコパンチを頂きました。そういう気分のようです。

のんびり食後にコーヒーを淹れて飲む生活……ちょっと最近忘れがち。
たまになら、こういう日があってもいいな。たまに、でいいけど。(身体腐りそう)
posted by さくらさくらカンパニー  at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 梦月楓